働きながらの転職活動における面接時間の問題

 働きながらの転職活動で一番のネックが、面接時間の確保です。面接は採用にかかわる重要なポイントですが、働きながらの転職活動では就業時間中の面接担ってしまう日中の時間確保は困難です。

 

 転職という事情を考慮して、面接時間を他の時間帯にずらしてくれることは珍しくありません。もし平日に面接することを要求されたら、時間変更を申し出てください。拒否されてしまったら有休をとる方法もありますが、縁が無かったと諦めて思い切って転職候補から外すという決断もあります。

 

 面接までこぎつけた大切な転職先候補をあきらめてしまうのはとても勇気がいる決断ですが、現在の仕事に支障をきたしてしまうことは避けなくてはいけません。時には無理をすることも必要ですが、あまり無理を重ねていると職場の同僚や上司など周囲との関係が悪化してしまいます。

 

 転職希望者が多く、企業にとってあなたがどうしても面接したいと思うような人材でなければ配慮してくれることはないでしょうが、興味を持ってくれていれば面接時間の変更に融通を聞かせてくれるはずです。

 

【人気サイト】
50代の仕事探しの方法
50代の仕事探しのポイントまとめ!

 

 面接時間の変更は単に時間調整の問題としてだけではなく、企業があなたに対してどう考えているのかを見ることができるチャンスでもあります。企業によっては求人広告の条項の中に最初から「土日祝日面接可能」「夜面接可能」と表記している企業もあります。面接時間の確保が難しいのであれば、最初から時間に融通がきくこういった企業を狙って見るのも一つの方法です。