パイロットへ転職するためには

 世の中の職業の中で憧れの職業のひとつにパイロットが挙げられるのではないでしょうか。大空への憧れはどんな人にとってもかっこいいと思えるものです。

 

 そんなパイロットになるためには何か特別な技術や知識が必要かというと、昔は航空大学校など、航空知識を学生のうちから習得した方などが就職するというものがあったかもしれませんが、いまでは違います。現在もっとも多いのは自社養成のパイロット、つまり企業に就職してから訓練を受け、パイロットへの道を歩むというものです。

 

 ではパイロットの世界で転職はあり得るのでしょうか。以前は待遇もよかったパイロットに転職などはあり得ませんでしたが、いわゆるローコストキャリア(LCC)の登場により、状況は一気に変わりました。あわせて航空業界も長引く不況で不振にあえぎ、コストセーブでパイロットの待遇も以前より下がったことも大きな要因の一つです。

 

 つまり、大手航空会社からローコストキャリアへの転職するというパイロットが多く出てきたわけです。転職の方法としてはその多くはヘッドハンティングによるもので、単純に給与の額を前企業よりも増やして提示するタイプのものや、それ相当のタイトルを付与するというようなものもあるようです。パイロットは総飛行時間や身体検査など厳しい課題をクリアした人間ですので、素養を見るというよりもその経験だけで転職できる場合が多く、転職サイトなどでなかなか取り扱われない物件の一つです。